生理不順に青汁が良いの?生理痛対策にも効果的な理由

生理不順はホルモンバランスが乱れることにより起こります。
ストレスや血行不良、甲状腺の異常、冷え症、自立神経の異常など原因はさまざまあり、また過度なダイエットでも生理不順になる可能性があります。
では、青汁は生理不順に効果的なのでしょうか。
また生理痛にもおすすめできるのかを、みてみましょう。

 

生理不順を良くする成分とは?

 

青汁の中には、生理不順を改善に期待できる成分が含まれています。
ビタミンB6とビタミンB、亜鉛と鉄分、カルシウムです。
ビタミンB6はホルモンバランスを整えてくれる作用があり生理不順による痛みを和らげてくれます。
ビタミンEは血流を良くする作用があり、ホルモンや抗ストレスホルモンの生成をサポートしてくれます。
ビタミンEを積極的に摂取することでホルモンバランスを整えて生理不順の改善してくれます。
亜鉛は甲状腺のフィードバック機能を操る、甲状腺刺激ホルモンを生成する為に必要なものです。
亜鉛はホルモンの分泌を活性化してくれるのです。
鉄分は冷え症に効果があり、カルシウムは自律神経の乱れからくるイライラを抑えてくれます。
こうした栄養素はたくさん摂取したからすぐ効くというようなものではなく、毎日コツコツと摂取するとだんだん改善されていくものなのです。
青汁を毎日飲む習慣をつけると生理不順もだんだん改善されてくることと思います。

 

生理痛を青汁で治せるのか

 

生理痛が起こる原因はホルモンと関係しています。
生理中はプロスタグランジンという陣痛の時と同じホルモンが出ます。
このホルモンが過剰に出ることで、子宮の収縮などが急激に行われ痛みを感じるのです。
青汁にはホルモンバランスの乱れをなおす、ビタミンB6やE、亜鉛などが入っています。
また、冷えが生理痛を重くするとも言われています。
青汁は血行を良くする働きのある成分が含まれています。
血行が良くなると体が温まり冷えを和らげてくれます。
冷えを改善したい時は青汁をお湯で溶いて飲むとその温かさで生理痛を和らげてくれるので、冷たい水よりお湯にした方が効きをより早く感じられるのではないかと思います。

 

生理痛対策に適した青汁とは

 

生理痛の対策としてお奨めしたい青汁は、ビタミンB群と鉄、亜鉛がたくさん入る大麦若葉の青汁です。
特に鉄分、亜鉛などのミネラルは通常の食事からはなかなか摂取しづらいので、青汁で効率的に摂取できるのは見逃せません。
また、ミネラルの働きを高めてくれるビタミンCも同時に摂れるので実に効果がありますよね。

 

女性にとって、毎月訪れる生理による痛みや不快感は重要な問題です。
青汁を飲むことを習慣にして、少しでも和らげることができるといいですよね。